運を開く秘訣は、各人が持つ喜びの中にある


運を開く秘訣は、
各人が持つ喜びの中にある。


そうですね!

自分自身の運を開く、運を引き寄せるには、

前向きで、いつも笑顔で生きていける事が大切だと思います。

いつも笑顔で楽しく生きていると人も運もよってくるので、

どんな時でも、楽しく笑顔で生きていけるとイイですね(*^_^*)


自己信頼[新訳]
内容紹介
【160年以上読み継がれる「自己啓発の祖」の世界的名著!】
●19世紀を代表する思想家ラルフ・ウォルドー・エマソンの代表作が待望の新訳で登場!!
●「真理は自分の内にあり、付和雷同せず、常に自己をよりどころとして生きよ」というエマソンの主張が凝縮された文章は、ごく短いながら、古今東西の偉人たちに多大な影響を与えてきた。著名な自己啓発書や成功哲学書でも、たびたび引用されている。
●自己信頼の「自己」とは、ただ好き放題に生きるエゴとは違う。エマソンは、謙虚な心で自分が本当に望むことをするなら、人間はもっと自由に幸福になれる──という。
●ときにラジカルに、心のほとばしるままに綴られた言葉は、時代を問わず、読む者の心を熱くする。その主張は、古いどころか、混迷を極める現代にこそ読まれるべき価値がある、と思わずにはいられない「人生成功の極意」に満ちている。

ラルフ・ウォルドー・エマソン とは

ラルフ・ウォルドー・エマソン (1803-82) アメリカの思想家、詩人。
ボストン生まれ。
18歳でハーバード大学卒業後、21歳まで教鞭を執る。
その後、牧師となるが、教会制度をめぐって教会と衝突し辞職。
1834年からニューハンプシャー州のコンコードに住み執筆や講演活動を展開、
「コンコードの哲人」と呼ばれた。

常に自分の内面に目を向け、自由と真理に生きることを求め、黒人奴隷制度に対しては反対の立場を貫いた。

プラトン、カント、東洋の哲学などを吸収した独自の思想は、『ウォールデン(森の生活)』を著したH・D・ソローやニーチェ、日本では宮沢賢治や北村透谷、福沢諭吉など古今東西の思想家や詩人、文学者に影響を与えた。

彼の残した多くの名言は、今も世界の成功哲学および自己啓発書で度々引用されている。「自己信頼」が収められた論文集『エッセイ 第一集』は1841年に刊行。

訳者紹介伊東奈美子:東京外国語大学外国語学部アラビア語学科卒業。IT関連企業で広報・マーケティング業務に携わったのち、翻訳家に。

主な訳書に『リーダーになる[増補改訂版] 』(小社刊)、 『広告でいちばん大切なこと 』 『広告マーケティング21の法則 』 『BusinessWeek MBAベストスクールガイドブック 』 『ほめ上手のリーダーになれ!―部下の心をつかむ7つの原則 』 (以上、翔泳社)、 共訳に『チャイナ・ドリーム(上・下) 』(早川書房)などがある。

アマゾン アマゾンでラルフ・ワルド・エマーソンの商品を探してみる。

楽天楽天でラルフ・ワルド・エマーソンの商品を探してみる。

ヤフーショップヤフーショップでラルフ・ワルド・エマーソンの商品を探してみる。

ヤフーオークションヤフーオークションでラルフ・ワルド・エマーソンの商品を探してみる。

思想家の名言|感動と共感をする名言・格言集 自分や相手に贈る言葉!

ラルフ・ワルド・エマーソンの名言集|感動と共感をする名言・格言集 自分や相手に贈る言葉!

名言・格言集のおすすめ

コメントを残す




fifteen + 5 =