ゲーテ:すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。

ゲーテの名言・格言

すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。
雪が解ければ見えてくる。
 by ゲーテ

Excessive that it and will know right now all . Snow is coming into view if Tokere.

 

そうですね!

すぐに全てをわかる人はいないと思います。

この先どうなっていくのか?
行動した結果がどうなるのか?
今向かっている事が正しいのだろうか?

それは、実際その時になって見ないとわかりません。

この先どうなってしまうのだろう・・・
この行動をしたら、どうなるのだろう・・・
本当に、これで大丈夫なのだろうか・・・

っと不安に思って行動ができなくなったり、あきらめたりしてしまいますが
今は焦らず、今できる事を一生懸命やると良いと思います。

焦らなくても、時がくれば結果は見えてくるものです。

あなたは、先が見えない事に焦ってませんか?
あなたは、すべてを今すぐ知ろうとしてませんか?
あなたは、勝手に不安になり止ってませんか?

この先や結果は、自然に導き出され見えてきます。

誰よりも自分自身の事を信じ、今やれる事
あなたが笑顔になれる事を行動してください。

今すぐにわからないこの先や、結果を考えているより
今はあなたが楽しく、嬉しいと思える行動を追求し磨くことで
自然に未来は見えてくると思います。

そうする事で、あなた自身が輝き楽しく笑顔で生きていけると思います。
そして自分自身も周りも幸せになると思います。

あなたならできる!っと私は信じてます。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテとは

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
誕生日:1749年8月28日
ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話

どこまでも前向きなゲーテの言葉と、どこまでも後ろ向きなカフカの言葉。今のあなたには、どちらのほうが心に響くでしょう?

「絶望するよりは、希望を持つほうがいい」――ゲーテ
「ああ、希望はたっぷりあります。 ──ただ、ぼくらのためには、ないんです」――カフカ

希望と絶望の「間の本」があってもいいのではないかと思いました。 ゲーテが希望を語り、カフカが絶望を語り、読者の皆さんが それぞれに心に響く言葉を見つけ出すことができる、そんな本が。

暗いことばかり言われるのも嫌だけれど、明るいことばかり言われても
なんとなく嘘くささを感じてしまうめんどくさい私。
とくに最近は明るい言葉があふれていて、facebookとかも、居心地が悪くて最近のぞいていない…。
いや、私は本来明るい方なんだけど、なんだかなあ、と。
この著者の前作「絶望名人カフカの人生論」で後ろ向きな言葉のおもしろさに気づいたので、
今回の「希望名人ゲーテと絶望名人のカフカの対話」で、希望アレルギーを克服をできるのではないかという
期待もあったのだけど、ゲーテの明るさは想像以上。
爽快なくらいの明るさにすっかりゲーテファンに。
この人面白い!カフカについては、前作についてコメントしたことと繰り返しになるので省略。
今回はカフカの周辺の人々の魅力も際立っている。
マックスブロートのカフカへの友情はうらやましいくらいだしカフカの最初の婚約者フェリーツェのエピソードもドラマチック。
いちばん印象に残ったのが、カフカのお父さん。泣いてしまった。と、お父さんについてはこれ以上書くとネタバレになりそうだから
ここまでに。名言の羅列ではなくて、対比のおもしろさと、読み終わったときに、ゲーテとカフカそれぞれの映画を見終わったような満足感のある一冊です

座右のゲーテ 壁に突き当たったときに開く本


座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)

どこまでも前向きなゲーテの言葉と、どこまでも後ろ向きなカフカの言葉。今のあなたには、どちらのほうが心に響くでしょう? 二人の文豪による異色の“名言対決”!

暗いことばかり言われるのも嫌だけれど、明るいことばかり言われても
なんとなく嘘くささを感じてしまうめんどくさい私。
とくに最近は明るい言葉があふれていて、facebookとかも、居心地が悪くて最近のぞいていない…。
いや、私は本来明るい方なんだけど、なんだかなあ、と。
この著者の前作「絶望名人カフカの人生論」で後ろ向きな言葉のおもしろさに気づいたので、
今回の「希望名人ゲーテと絶望名人のカフカの対話」で、希望アレルギーを克服をできるのではないかという期待もあったのだけど、ゲーテの明るさは想像以上。
爽快なくらいの明るさにすっかりゲーテファンに。
この人面白い!
カフカについては、前作についてコメントしたことと繰り返しになるので省略。
今回はカフカの周辺の人々の魅力も際立っている。
マックスブロートのカフカへの友情はうらやましいくらいだし
カフカの最初の婚約者フェリーツェのエピソードもドラマチック。
いちばん印象に残ったのが、カフカのお父さん。泣いてしまった。
と、お父さんについてはこれ以上書くとネタバレになりそうだからここまでに。
名言の羅列ではなくて、対比のおもしろさと、読み終わったときに、ゲーテとカフカそれぞれの映画を見終わったような満足感のある一冊です。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言集

超訳 ゲーテの言葉

懸命に生きれば、必ず何かを残せる。時代をこえて読みつがれてきた大作家ゲーテが教える実りある人生を送るヒント。

ゲーテ:ヨハン・ヴォルフガング・フォン
ドイツの詩人、小説家、劇作家。1749年、ドイツに生まれる。1774年『若きウェルテルの悩み』で一躍名声を博し、詩、小説、戯曲などに数々の名作を生んだ。代表作に『ファウスト』『詩と真実』などがある。1832年、『ファウスト』完成の翌年に永眠

金森/誠也
1927年生まれ。東京大学文学部独文学科卒業。日本放送協会(NHK)勤務後、広島大学をはじめ複数の大学教授を歴任。現在、著述家、翻訳家。専門はドイツ文学、ドイツ思想

 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの本に関する商品一覧

名言・格言集のおすすめ

コメントを残す




four + 9 =